離婚の大問題の解決法!

弁護士直伝!離婚を考えたら準備しておくべきこと

離婚はやっぱりもめる

離婚で1番問題になるのが、財産分与の問題です。財産分与は2人の離婚後の生活に大きな影響を与えます。結婚中に得た財産は2人のものです。片方だけが得をするようなことはあってはいけません。自分だけが不利にならないように、知識を持って対策をしましょう。

絶対譲れない子供の問題

二人の間に子供がいる場合、親権をめぐる争いが考えられます。親権を決めるのは難しいことですが、お互いに譲れない場合、裁判になることも多く、第3者の客観的な視点で決められてしまいます。親権を決める基準について知識を持って、親権を守り抜きましょう。

離婚の後は…

離婚の問題は離婚後にも発生することが多々あります。財産の問題、親権の問題、どれも離婚後に問題が起こるケースがありえます。どんな問題が起こる可能性があるのか、実際に起こった問題を紹介します。どんな問題が起こるのか知っておいて、予防策を考えておきましょう。

離婚でもめる財産の問題

昨今は、結婚した夫婦の1/3が離婚してしまう時代です。自分たち夫婦には関係のないことだと思っていても、残念ながら、当事者になってしまう可能性も低くありません。また、最近では長年連れ添った夫婦でも、日々のストレスの積み重なりに耐えきれなくなって、熟年離婚してしまうことも多くなっています。残念ながら、離婚はよくある時代になってしまっています。
 離婚しようと思って、前から準備していれば、離婚を自分の思うように運ぶこともできるかもしれないですが、もし、急に離婚の話が持ち上がったりしたら、損をするのは自分かもしれません。離婚で損をすると、離婚後の生活にも大きな影響が出てしまいます。離婚のことがよぎったなら、少しでも知識を持っておきましょう。前にも述べましたが、離婚は珍しくなくなってきているのです。
離婚でよく問題になるのは、大きく分けて2つあります。金銭的問題と子供の親権に関する問題です。子供がいない場合はやはり金銭の問題が大きくなってきます。妻が専業主婦だった場合、離婚後の生活や仕事も問題になってくるので、大きな問題であるといえます。子供がいる場合はやはり親権についてが1番大きな問題になると思います。どちらの親も親権を手放したくないのは当然ですし、親権が決まったとしても、養育費の額や面会交流の頻度など、問題になりうることは多く存在します。結婚も離婚も人生において大きな決断であることには変わりありません、その後の人生がよくなるように決断し、解決していきましょう。