離婚の大問題の解決法!

>

絶対譲れない子供の問題

親権を決めるポイントを紹介しましょう

2人の間に子供がいる場合、親権者を決めなければいけません。ですが、子供の体は1つしかありません。間をとって解決することができないので、シビアな争いになることが多いです。基本的に家庭裁判所では、子供の副趾を中心に親権者を決めるようになっています。
・子供との関係
基本的に子供との関係性がよくなければ、親権を得るのは難しいと考えていいでしょう。子供が15歳以上の場合、子供の意見も聞くことになっているので、子供との関係性はより重要になるでしょう。
・母親の優位
現在の家庭裁判所の決め方では、母親の方が親権を得やすいのは間違いないでしょう。子供の年齢が低ければ低いほど、子供の成長に母親が必要であるという考え方があるようです。

子供にまつわる色々

親権が決まった後にもいろいろな問題が起こりえます。それらのいくつかを紹介していきます。
・養育費
子供の養育にかかる費用のことですが、親権者にならなくても、支払いの義務があります。費用については、2人の間で相談して決めることができます。
親権を獲得した側は子供の養育のためできるだけ多くの養育費を確保したいですし、親権を得られなかった側は、生活の負担になる養育費はできる限り減らしたいので、養育費を決めるのは争いになりやすいです。
・面会交流
親権を獲得できなかった場合、子供とは別々に暮らすことになりますが、そうした場合にも子供と面会する権利は認められています。
原則、この権利はすべての親にあることになっていますが、子供と面会することが、子供の副趾に反すると考えられる場合、認められない場合もあります。