離婚の大問題の解決法!

>

離婚の後は…

離婚後に問題になりやすいこと

離婚する自体も、大きな問題に発展する場合が多いですが、離婚後にも問題が発生する場合が多々あります。そんな事例をいくつか紹介していきましょう。
・養育費
 養育費を離婚の話合いで決めたにも関わらず、養育費を払わなくなる親がいます。ですが、民法上養育費を払わないことに対する罰則は実は存在しません。なので、罰金や懲役が科せられることはありません。しかし、養育費は金銭債務の一種なので、遅延損害金が発生します。
・面会交流
親権を持っていない側の親にも原則子供に面会する権利は与えられます。特に最近では親が離婚したとしても、子供の教育には建設的にかかわっていくべきだという考えが一般的です。また、養育費の未払いが面会交流に関係するかですが、面会交流の権利と養育費は別々の問題なので、基本的に養育費が未払いだからといって面会できなくなるといったことはありません。

離婚後の問題色々

そのほかにも離婚後に問題になる事例をいくつか紹介していきます。
・離婚後300日問題
少し前話題になったので、一度耳にした方も多いかもしれません。離婚後300日問題とは、女性が夫と離婚して、300日以内に出産した場合、生まれた子供は前の夫の戸籍に入ってしまうというものです。対策としては医師が離婚後の妊娠を確認できれば、現在の夫の戸籍に入れることができます。
・離婚後の姓
原則として、夫の姓を名乗っていた妻は、前の戸籍に戻ることになるので、旧姓に戻ることになります。ですが、夫の姓のままで生活したいと希望した場合、離婚後3か月以内に区役所に届け出をすれば、そのままの姓でいることができます。子供の場合は上記と異なり、そのままにしていれば、子供は元夫の姓ということになります。